忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回の書評は小川洋子の作品から。

猫を抱いて象と泳ぐ
著:小川 洋子
文春文庫

・書評
まず初めに、可能であるならばこの小説を読む前に、
ストーリーにかかわる一切の情報を得るのは極力避けることをお勧めする。
そのため、今回はあらすじを抜きにし、内容についてもほとんど触れない。

話自体は、一人の少年の成長と、その結末を書いたもので、終始少年の視点で描かれる。
少年は『あること』に興味をひかれ、その道にのめりこんでいくのだが、
その際の過程が非常に生き生きとというか、輝くように描かれている。
本来なら難しくとっつきにくい印象を与える『それ』を
ここまで魅力的に描けるのはすさまじいの一言に尽きる。
少年と一緒に、はじめて触れたときの感動と、プレイヤーをつかんで離さない魅力を追体験してほしい。

もう一点の見どころが、虚構と現実のバランスである。
これはフィクションであり、本書に出てくるような変わった特徴をもった人物も、起こる事件も、
現実的にはあまりお目にかかれないだろう。
しかし、読んでいるうちに、まるで本当にあることのように感じられ、
現実感と同時に、現実では感じ得ない印象を与えてくれる。
非現実の受け手である少年の心情が、真に迫って描かれているからこそ可能な現象だろう。

ちなみに『あること』の正体は裏表紙のあらすじに書かれている。
私は友人から本書を借りた時点でブックカバーがかかっていたかったため
幸運なことに一切の情報が得られなかった。
読む際は後ろを振り返ることなく、飛び込む気持ちで表紙をめくってほしい。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[04/21 GAM]
[03/02 NONAME]
[03/01 蒼民]
[07/22 柏餅みゅん]
最新TB
プロフィール
HN:
ラント
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 穴倉書庫 All Rights Reserved