忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんか超久しぶりに本語りがしたくなったので。
ゴースト更新情報と拍手返信は下の記事を見てくださいねー。

今日の一冊は、『モモ』です。
思い出に残ってる本を一冊挙げろと言われたら、恐らくこれを推すでしょう。
前にあげた『西の魔女が死んだ』も捨てがたいですが。

作者はドイツの児童文学作家ミヒャエル・エンデ。
映画『ネバーエンディングストーリー』の原作者といった方が通りがいいかもしれませんね。

『モモ』は、基本的には子供向けの物語です。
円形劇場に住み着いているみなしごの少女、モモが主人公。
前半は街の人々や子供たちとの触れ合いが、後半はいわゆる悪の秘密結社との戦いが描かれています。
ネタばれになっちゃうので詳細は語れませんが、前半はほっこり、後半はハラハラドキドキといった感じですね。

最後に、この本の最高の読み方を。
まず、小さい頃に読んで、そして、大人になってからもう一度読むのです。
子供のころは、純粋に共感が持て、冒険活劇として非常に面白い。
実際、私も小さい頃に読んでもらったのですが、あのドキドキは今も覚えています。
そして、大人になってから読むと、物語のとらえ方ががらりと変わるのです。
いくつになっても、読み返しても感動できる物語り。名作といわれる所以でしょう。

このブログの年齢層からすると、小さいお子さんはいない(いても困る)と思いますが。
周りにいましたら是非読んであげてください。きっと思い出に残るはずです。

では、今回はこの辺で。
次回は適正年齢をちょっと上げて小学生中学年くらいので行きましょうかね。

拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[04/21 GAM]
[03/02 NONAME]
[03/01 蒼民]
[07/22 柏餅みゅん]
最新TB
プロフィール
HN:
ラント
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 穴倉書庫 All Rights Reserved